教育ローンとして借りれるカードローン

教育ローンはカードローンで借りれる

教育ローンについて

教育ローンって最近はかなり多くの人が利用しております。

 

 

年頃のお子さんをお持ちの方は大抵は教育ローンを利用されているのではないでしょうか?

 

 

それだけ需要があるローンだと思います。

 

 

 

都内、地方などどこの街を見渡しても一番多く目立つ施設は「塾」や「予備校」です。

 

少児化の時代だというのに塾や予備校の需要が多いと言うのは、大人が子供に教育にお金をかけるのに熱心という事です。

 

 

自分の子供に少しでも良い学校に行かせたいという親心でもあるわけです。

 

 

 

そんな教育が熱心な親と、国自体が教育に対して力を入れている風潮もあり、『教育ローン』は色々な融資サービスが日本にあります。

 

 

 

代表的なのが、国が運営する「国民金融公庫」があります。

 

国民金融公庫で代表的な教育ローンといえば「日本政策金融公庫」というのがあります。

 

 

そこは、金利が2%台と非常に安くてお得です。

 

国が運営しているということもあって、安心感や信用度も抜群です。

 

 

 

あと「日本政策金融公庫」で特筆すべき点は審査基準が意外に甘いと言う点です。

 

 

 

国民金融公庫が運営する教育ローンだから審査が難しいイメージがあるかと思いきやそれほどでも無いようです。

 

 

日本政策金融公庫は年収200万円以下でも融資が可能なので審査は甘いと言えます。

 

 

 

それ以外の教育ローンとしては銀行が運営する数々の教育ローンもあります。

 

そちらは、先ほどの日本政策金融公庫よりも審査が少し厳しくなります。

 

 

金利も国が運営する教育ローンよりもやや高くなります。

 

とはいえ、いずれの教育ローンも普通に働いていて毎月安定した収入がある人ならば大抵は審査に通りますし融資も可能です。

 

 

 

ただ、それでもやはり教育ローンもローンという性質上どうしても審査に通る人と審査に落ちる人がいます。

 

 

 

国の公庫の教育ローンと銀行の教育ローンの審査が通らない人はどうしたら良いのか??

 

子供の教育はどうしてもガッチリとやりたいというご両親も多いでしょう。

 

 

 

そう言う場合は、カードローンを利用するという手もあります。

 

カードローンは今では大手銀行、地方銀行、信販会社、消費者金融会社など数多くの企業がサービスを提供しております。

 

 

 

非常に申し込みがお手軽で教育ローンに比べて審査も甘いです。

 

また急いでいる方には「即日融資」も可能です。

 

 

勿論、カードローンは教育ローンとしての利用目的もOKです。

 

 

ただカードローンは利用目的が自由で審査が甘い、早いというメリットがありますが金利が高いというデメリットもあります。

 

だから、先ほどの「日本政策金融公庫」や「銀行の教育ローン」などの審査が通らずお困りの方のみご利用になることをお勧めします。

 

 

借金やローンはくれぐれも無理をしないことが大事です!


ホーム RSS購読 サイトマップ