教育ローンについての豆知識をズバリ解説(奨学金や学生ローンとの違いと比較)

教育ローンについての豆知識

教育ローンとは(奨学金や学生ローンとの違い。比較)

教育ローンとは、教育関連の費用に限定したローンです。

 

教育ローンは個人に対してローンのサービスを行います。

 

 

学生がお金を借りて教育資金を賄うというイメージもありそうですが、実際は親が子供の学費や塾費、予備校費などの支払いの為にローンを組むのがほとんどです。

 

 

従って教育ローンの審査においては「親の信用力」が審査結果や融資額に影響を及ぼします。

 

 

ところで、教育ローンは「奨学金」と「学生ローン」と混同されがちですが、いずれも全く違う性質のローンであります。

 

 

その違いを分かりやすく表にして解説しますと・・・・・

 

 

教育ローン 奨学金 学生ローン
目的⇒学費など 目的⇒学費 目的⇒何でもOK
審査対象⇒学生の両親など 審査対象⇒学生本人 審査対象⇒学生本人
保証人⇒必要な場合もある 保証人⇒原則必要 保証人⇒不要
担保⇒不要 担保⇒不要 担保⇒不要
融資額⇒必要分の学費 融資額⇒必要分の学費 融資額⇒5万〜30万円くらい
信用情報⇒履歴が登録される 信用情報⇒延滞等しなければ登録されない 信用情報⇒登録される
金利⇒安い 金利⇒安い 金利⇒高い

 

 

 

以上、教育ローンと奨学金と学生ローンを比較すると上記の通りです。

 

 

基本的に教育ローンは学生さん自身が借りるのではなく、学生さんの親が融資対象というケースがほとんどです。

 

 

 

お子さんをお持ちで、私立学校などに受験、進学させたいご両親の多くは教育ローンを利用するケースがほとんどです。

 

学費や塾、予備校費もかなりの金額になるからです。

 

 

 

おそらく数百万円単位の金額です。

 

そのレベルの学費を賄うにはやはり教育ローンに頼るしかありません。

 

 

 

教育ローンはなるべく金利が安い所を選びましょう。

 

 

 

教育ローンにも「国の教育ローン」、「銀行系の教育ローン」、「信販系(ノンバンク系)の教育ローン」など色々あります。

 

 

金利が安ければ安いほど審査はそれだけ厳しくなる傾向があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ